WiFi6対応!小型高速ワイヤレスSSDストレージSkyBOX

最近のスマホはどんどんスタイリッシュな形になっていく一方で、microSDカードなどの外部ストレージが使えないものが増えてきた。

スマホに収まりきらないデータはもちろんクラウドにアップするのも一つの手だが、高画質の写真などはサイズも大きいし、特に日本などの通信料金も高い国ではスマホから直接クラウドにアップするのも大変だ。

今回ご紹介するのはそんなときに便利な小型のワイヤレスSSDストレージ『SkyBOX』。Indiegogoで現在目標金額の900%以上、986万円以上集めているキャンペーンだ。


もくじ

多彩な機能
こんな時に便利
まとめ


多彩な機能

「オールインワン」ポータブルSSDを謳うSkyBOXは機能も充実。 まずはキャンペーン動画をご覧あれ。

次世代規格の高速Wi-Fiこと現行規格の40%高速とされる「Wi-Fi 6」(802.11 ax/c/n)に対応。ワイヤレスでのデータのシェア/ストリームでも900Mb/sで可能。これを可能にするのは世界初のモバイルWi-Fi 6Eチップで低レイテンシ、高スループットが特徴の、BroadcomのBCM43684。

10台以上のデバイスと同時接続可能。これはOFDMAこと「直交周波数分割多元接続」により効率的に複数デバイスとデータのやりとりができるため。なのでSkyBOXのWi-Fiに接続する友達やプロジェクト仲間と同時にファイルを閲覧を行ったりデータ共有したりできるのだ。

Android、Apple、PC用に用意される専用アプリではリアルタイムでデータ移行のモニタリングができる他、スマホやタブレット、ラップトップから簡単にSkyBOX内のデータにアクセスできる。

もちろんそこからアクセスしたデータを別のアプリで開いて編集したりすることもできる。

 

USB-C 3.2 Gen 2×2インターフェースでの有線での書き込み読み込みスピードは最高2200MB/s。(ただし後述するが4TB以下のモデルではSSDの書き込み読み込み速度の制約から900Mb/sが上限となる。)

なおSkyBOXにSDカードやUSBを差し込みボタンを押せば自動的に内容のバックアップができる。ちなみに64GBのUHS-II SDカードの内容を全てコピーするのに要する時間は僅か3~5分。上の動画ではリアルタイムでバックアップ状況の確認もできているのがおわかりだろう。

SkyCloud Set Optionを選択すると、本体の他にUSB-Cポートとイーサネットコネクタを搭載したクレードルがついてくる。

家でケーブルを繋げばパーソナルクラウドの出来上がりというわけだ。こうすれば出先からもインターネットを通じてSkyBOX内のファイルにアクセスできる。

一番面積が大きな面から見てもクレジットカードサイズと小ぶりな筐体も魅力の一つ。横から見ると流石にクレジットカードほどは平べったくは無いものの、85mm x 55mm x 22 mmとポケットサイズで携帯性は高い。重さも僅かに180gだ。

上の図を見ても判るとおり、分厚さの原因はバッテリーと言えるだろう(3000mAhのリチウムポリマー製)。だがその厚みのかわりに、6時間のバッテリーライフを実現している。
大きさと言えばSSDの容量も気になるが、こちらは複数のオプションがあり、512GB、1TB、2TB、4TBまで用意されている。使用されているのはM.2 NVMe 2242。SATA SSDと比較して4倍、通常のHDDと比較し20倍のデータ移行性能を持つもの。
ただし、上の図でも述べられているようにPro版の4TB SSDはより高速の2200Mb/sのデータ移行に対応する一方で、それ以下のサイズのSSDでは最大速度は900Mb/s止まり。この最大速度の他にはPro版とそうでないものに違いは無い。
詳細は上記の通り。

こんな時に便利

1.スマホの写真・動画保存用に

私の今のメインスマホはHuawei P20pro。カメラは性能はなかなか良いのだが、microSDなどは入れることができない。しかもInstagram用に沢山写真を撮るためすぐに内蔵のストレージが一杯になってしまう。スマホで動画を沢山撮影するという方も同様だろう。

そんなときにネット接続やデータ通信容量が制限されていたら…そんなときにSkyBOXがあればすぐにバックアップを取って、スマホ本体からはデータを削除してしまえばいいわけだ。

2.保存した動画の編集・閲覧

SkyBOX側に保存した動画を編集するにもよいだろう。スマホアプリからSkyBOX内の動画にアクセスし、動画編集アプリで動画を開いて編集することができるのだ。

SkyBOXのストリーミング性能を活かして、撮りためた番組などを観るにも適しているだろう。SkyBOXに動画を事前に保存しておき、(ネット接続の限られる)出先や移動中に観るというわけだ。

3.デジカメ写真・動画のバックアップ用に

SDカードやUSBを差し込んでボタン一つでバックアップするという機能は、特にカメラで撮影した内容のバックアップを取るのには最適だろう。

FlashAirなどのWi-Fi機能付きSDカードではカメラからスマホやパソコンなどへのデータ転送はできる。だがデジカメで撮影した容量の大きな写真や動画でスマホの容量を圧迫するよりは、SDカードをSkyBOXの中に入れ込む手間はあっても、最大4TBのストレージに安心して全部バックアップできるという安心感の方が得るものが大きいだろう。

4.テレワークにも

コロナ時代だからこそ融通を利かせてリラックスしたムードで働きたいもの。SkyCloudSetであればオフィスのパソコンから大きなデータをUSB経由でSkyBOXに移動して、自宅でクラウド化して、近所の公園からのどかにデータにアクセスして働いたりなどもできる。

まとめ

容量、速度、大きさも魅力。モバイルを趣味に仕事にフル活用する人、出先で写真や動画を沢山撮影する人、などには持って来いのデバイスだろう。

気になる方は一般販売価格の40~50%割引価格でリワードが提供されているIndiegogoキャンペーンをチェックされると良いだろう。なお発送は今年12月が予定されている。

Editor: Yu Ando

Sign up to get a 40% off discount

Access exclusive deals and Skybox special offers

You have Successfully Subscribed!